FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-02(Fri)

猫音楽思いつくまま、手あたりしだい その1

なにかを検索しているときに、たまたまつぎのようなLPジャケットに出くわしました。

jim flora mambo for cats

Mambo for Catsというタイトルもクールだし、ジャケット・デザインはすばらしいの一語です。イラストレーターはジム・フローラ。ジム・フローラのアルバム・ジャケットを集めたページはなかなか壮観ですが、ベストはやはりこのMambo for Catsでしょう。

中身はペレス・プラードやドン・エリオットの曲の寄せ集めで、トラック・リストを見るかぎりでは、とくに欲しくなるようなものではありません。でも、ジム・フローラのデザインのおかげで、中古盤市場ではそれなりの価格がつくようです。ついでにいうと、姉妹編として、こういうものもリリースされたそうです。

jim flora samba for rats

これもデザインは悪くありませんが、Mambo for Catsほどではありませんし、企画としてのノリのよさもありません。catにはミュージシャンという意味があるので、そういう連想からもMambo for Catsのほうがずっといいタイトルです。

ジム・フローラのジャケットを見ているうちに、猫と音楽のことをいろいろ思いだしました。

タイトルに猫という言葉が入った曲でもっともヒットしたのは、ラヴィン・スプーンフルの「ナッシュヴィル・キャッツ」(Nashville Cats)ではないでしょうか。この曲は1967年はじめに、ビルボード8位まで到達しています。

the lovin's spoonful nashville cats 45 sleeve

ただし、ここでいう「キャット」は猫のことではなく、ミュージシャンのことです。カントリー・ミュージックのホームタウンであるナッシュヴィルのミュージシャンのことを歌っています。



また視覚的なことに戻ると、猫をあしらったジャケットというのは、当然ながら、かなりあります。わたしが真っ先に思いだしたのは、ジェイムズ・テイラーの『マッド・スライド・スリム』(Mud Slide Slim)です。

james taylor mud slide slim

これだけでは猫ジャケットだとはわからないので、拡大します。

james taylor mud slide slim part

このサスペンダーの柄がすばらしくて、こういうのがあれば買っていただろうと思います。いえ、いま見かけても、サスペンダーなどしなくなってしまったので、猫に小判ですが。痩せている若いうちにサスペンダーをするのはいいのですが、腹が出てくるとシャレになりません!

それからそれへと、猫音楽の連想は止まらないので、回を改めてさらにつづけるつもりです。


Hums of the Lovin' Spoonful
Hums of the Lovin' Spoonful
posted with amazlet at 09.10.02
The Lovin' Spoonful
Buddha (2003-02-18)
売り上げランキング: 208115


Mud Slide Slim and the Blue Horizon
James Taylor
Wea Japan (1994-09-22)
売り上げランキング: 16204

スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

kewlkatz

Author:kewlkatz
ようこそ!

カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。