--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-27(Tue)

猫音楽思いつくまま、手あたりしだい その14 「だれもが猫になりたがる」("Everybody Wants to Be a Cat" ディズニー映画『おしゃれキャット』挿入歌)


前回の「トーマス・オマーリー・キャット」に引き続き、今日も『おしゃれキャット』の挿入曲です。

この曲では、catという単語をさまざまな意味で使っていて、この映画に4ビートのスコアがたくさん出てくる理由を説明するようなシーンになっています。



まず、catにはミュージシャン、それもヒップなプレイヤーの意味があるということを繰り返しておき、その前提で冒頭の部分だけ歌詞を眺めてみます。

Everybody wants to be a cat
Because a cat's the only cat
Who knows where it's at
Everybody's pickin' up on that feline beat
'Cause everything else is obsolete.

だれもが猫になりたがる、猫だけがなにが粋かわかっている生き物だからさ
だれもが猫のビートを好む、ほかの連中はみな野暮だからさ

ぐらいのところでしょうか。catをミュージシャンの意味で使った場合、「ヒップ」であることが条件になっていて、squareなプレイヤーはcatとはいいにくい、ということが、こういう歌詞の前提になっています。あらゆる連中(cats)のなかで、猫だけがヒップだから、cat's the only catという変な言い回しになるのです。

band of cats

4ビートではじまって、途中でテンポ・チェンジしてニューオーリンズ風のセカンド・ライン・ビートに移行し、ゆるめのバラッドになってダッチスのソロ、またセカンド・ラインになってフェイド・アウト、という構成もいかにもアメリカ的で、おおいに楽しめるアレンジです。

バンドネオンを入れたのは、舞台がパリなので、ちょっとフランス風にしてみたということでしょう。アート・ヴァン・ダムのようなバンドネオン・プレイヤーもいましたが、ジャズでバンドネオンを使うのはやはりめずらしいでしょう。

siamese cat drummer
シャム猫は中国風に描かれている。シャム=タイ、中国とタイではまるで方向違い、などという細かいことにはこだわらない!

こうしてみると、言語的にはcatという単語の意味の重なりを教え、音としてはアメリカ大衆音楽の多重性を教える曲になっていて、やはり、子どもの教育ということを意識して映画をつくっていたのだと思えてきます。

たぶん、そういう考え方が時代遅れになり、大人も楽しめる物語をつくってきた日本アニメに、ディズニーはその足もとを揺さぶられることになったのでしょう。

もう一、二曲、『おしゃれキャット』の挿入曲を取り上げることにします。

DVD スペシャル・エディション
おしゃれキャット スペシャル・エディション [DVD]
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント (2008-08-06)
売り上げランキング: 5877

<ボーナス・コンテンツ>
●未発表曲 ♪ひとりぼっちじゃない(リチャード・シャーマンによる解説書付き)
●「子ねこのフィガロ」短編アニメーション
●ソング・セレクション(英語版)
-♪おしゃれキャット
-♪スケール・アンド・アルペジオ
-♪トーマス・オマリー・キャット
-♪みんなネコになりたいのさ
●子猫と遊ぼう!(DVD-ROMコンテンツ含む)
●ファン★ファン★イングリッシュ!
●『おしゃれキャット』の音楽誕生秘話
●スクラップブック
●“世界猫族物語”

OST
The Aristocats [Original Soundtrack]

Disney (2006-11-27)
売り上げランキング: 187325


OST短縮版
おしゃれキャット サントラ
ディズニー モーリス・シェバリア ディーン・クラーク フィル・ハリス スキャットマン・クローサーズ ロビー・レスター ブライアン・セッツァー リズ・イングリッシュ
エイベックス・トラックス (2000-02-16)
売り上げランキング: 222327
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

kewlkatz

Author:kewlkatz
ようこそ!

カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。