--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-02(Mon)

猫音楽思いつくまま、手あたりしだい その15 モーリス・シュヴァリエの「The Aristocats」(ディズニー映画『おしゃれキャット』主題歌)

「トーマス・オマーリー・キャット」「だれもが猫になりたがる」(Everybody Wants to Be a Cat)というぐあいに見てきた、映画『おしゃれキャット』(The Aristocats)の音楽、今日はオープニングで流れるテーマ曲です。

このお話は20世紀初頭のパリを舞台にしているので、音楽もアコーディオンを使うことによって、そして、モーリス・シュヴァリエ(もちろん、あのシュヴァリエ!)に歌わせることで、強いフランス語訛りが加わり、それらしいムードをつくっています。

オープニング


これくらいの俳優になると、歌が上手いだとか下手だとかといった次元を超えて、圧倒的な存在感で納得させてしまいます。シュヴァリエに歌わせたというだけで、すでに「勝負に勝った」のです。観客はとくに説明されなくても、冒頭を聴いただけで、ああ、フランスだな、きっとパリの物語なんだ、と結論づけ、すんなり物語にはいっていけるわけで、よくできたテーマ曲です。

aristocats

原題のaristocatsというのは、上記のクリップで子猫が文字を入れ替えたことでわかるように、aristocrat=貴族という言葉の語呂合わせで、「おすまし猫」ぐらいの意味なのでしょう。マリーと子猫たちは、タイトル通り、パリの豪邸に住み、この家の女主人に大事にされています。

じっさい、大事にされすぎたあまり、子どものないこの女主人が、猫たちを遺産相続人、ではなく相続者に指定したせいで、騒ぎが巻き起こり、思わぬ冒険をすることになるのでした。

ほかの挿入曲はちがいますが、このThe Aristocatsは、多くのディズニー作品の音楽を書いたリチャードとロバートのシャーマン兄弟によるものです。

DVD スペシャル・エディション
おしゃれキャット スペシャル・エディション [DVD]
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント (2008-08-06)
売り上げランキング: 5877

<ボーナス・コンテンツ>
●未発表曲 ♪ひとりぼっちじゃない(リチャード・シャーマンによる解説書付き)
●「子ねこのフィガロ」短編アニメーション
●ソング・セレクション(英語版)
-♪おしゃれキャット
-♪スケール・アンド・アルペジオ
-♪トーマス・オマリー・キャット
-♪みんなネコになりたいのさ
●子猫と遊ぼう!(DVD-ROMコンテンツ含む)
●ファン★ファン★イングリッシュ!
●『おしゃれキャット』の音楽誕生秘話
●スクラップブック
●“世界猫族物語”

OST
The Aristocats [Original Soundtrack]

Disney (2006-11-27)
売り上げランキング: 187325


OST短縮版
おしゃれキャット サントラ
ディズニー モーリス・シェバリア ディーン・クラーク フィル・ハリス スキャットマン・クローサーズ ロビー・レスター ブライアン・セッツァー リズ・イングリッシュ
エイベックス・トラックス (2000-02-16)
売り上げランキング: 222327
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

kewlkatz

Author:kewlkatz
ようこそ!

カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。