--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-14(Sat)

利休鼠を追い出した城ヶ島の猫たち

三浦半島の南端に城ヶ島というところがあります。三浦三崎の漁港をふさぐ蓋のような恰好なのですが、じっさい、城ヶ島が天然の防波堤になったおかげで、三崎は漁港として栄えたのだそうです。

べつのブログで1960年の日活映画、赤木圭一郎、芦川いづみ主演の『霧笛が俺を呼んでいる』の城ヶ島の場面を書いていて、写真が必要になり、昨年撮った城ヶ島の写真のフォルダーを開きました。

じつは、城ヶ島の風景はあまり撮っていなくて、かわりに猫の写真をたくさん撮ってありました。

01

場所は城ヶ島の東側にある公園の、そのまた東の端にある芝地です。ここ以外にも、あちこちに猫がいましたが、背景が広々としているせいで、ここの猫たちがいちばんのんびりと、おだやかに見えました。

03
わたしたちがキャット・フードの大盤振る舞いをしているという間違った情報が伝わったのか、猫たちがあちらから、こちらから、三々五々、やってきた。公園の猫はこうでないと暮らせないのだろう。

18

04

05

19
こういう表情をする猫はすごく好みで、連れて帰りたくなる。ほかの猫の写真もあるのだが、今日はこの猫だけでおしまいにし、残りは次回に。

猫は幸福だの不幸だのといったことは感じるはずもなく、人間の内心の投影にすぎないのですが、なんとなく、こういうところのノラたちは、町中のノラより「いい生活」をしているような気がしてしまうのでした。

ところで、北原白秋の歌に出てくる「利休鼠の雨」とはなにか、猫好きとしては気になります。「緑色がかった灰色」ということで、鼠色のヴァリエーション。生地のほうでは濃いの、薄いの、ばらつきがあるようですが、たとえば、つぎのような生地が利休鼠色と呼ばれるそうです。

rikyu nezui iro sample

動物のネズミではなく、色のことだからどうでもいいようなものですが……。
スポンサーサイト

テーマ : 庭園・公園の猫
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

kewlkatz

Author:kewlkatz
ようこそ!

カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。