FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-21(Fri)

鎌倉アルプスのチェシャ猫

五年ほどまえに、横浜の南の端から鎌倉まで歩いたことがあります。意外にやっかいな道で、横浜側では細かなアップ・ダウンに悩まされ、鎌倉に入ってからはデコボコした階段状の道に悩まされました。初冬で道が乾いていたから助かりましたが、濡れていたら怖くて歩けなかったでしょう。

天園という峠からちょっと行ったところだったと思いますが、山道に猫がいました。

cheshire cat a-1

こんな山の上でホームレス生活ができるのだろうかと心配になりましたが、周囲を見渡せば、わたしたちをはじめ、ひっきりなしに観光客が通っていました。思いのほか、稼ぎのある場所なのかもしれません。じっさい、ご覧の通り、やせ細ってはいません。

cheshire cat a-2

なかなかふくよかな顔をしているので、しばらく写真を撮りつづけていたら、日だまりに坐り込んで、眠る体勢になってきました。さすがは観光地の猫、人擦れしているというか、わたしの存在も気にしませんし、つぎつぎに通る他の観光客も眼中にありません。

cheshire cat a-3

そろそろこちらも建長寺に向かおうと思ったとき、こんな顔をしました。なんだか漫画のようだな、と思ってから、『不思議の国のアリス』のチェシャ猫を思いだしました。テニエルが描いたチェシャ猫はこんな顔だったのではないでしょうか。

と思って調べたところ、似ているような、似ていないような、微妙なところでした。

tenniel's cheshire cat1

ジョン・テニエル描くチェシャ猫にくらべて、鎌倉アルプスの笑い猫はずっと愛嬌のある顔をしています。

tenniel's cheshire cat in color

考えてみると、『不思議の国のアリス』に描かれたチェシャ猫は、ちょっと意地の悪いところがありました。そういう猫の肖像としてはこれでいいのでしょう。

cheshire cat b-1

この日はもう一匹笑う猫に出会いました。なんだか可哀想になってしまうような、滑稽味のあるブチで、思わずレンズを向けてしまいました。

でも、さっきの「チェシャ猫風」のような愛嬌はなく、すぐに向こうをむいてしまったのですが、その顔が……。

cheshire cat b-2

笑っているつもりはないのに、いつも笑っているように見える顔の男、というのがだれかの小説に出てきましたが、なんだか、そんな感じの猫でした。人間とちがって、「おまえ、俺のことを笑ったな」なんて言いがかりをつけられたりすることがないのは、この猫にとっては幸いでした。
スポンサーサイト

テーマ : 猫と一期一会
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

kewlkatz

Author:kewlkatz
ようこそ!

カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。