--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-31(Thu)

猫音楽思いつくまま、手あたりしだい その22 ジングル・キャッツのAuld Lang Syne(螢の光)

日本ではもうクリスマスのスの字も残っていませんが、キリスト教文化圏では、まだクリスマスのど真ん中、今日が「クリスマスの十二日間」の折り返し地点、まだ休暇は半分残っています。

クリスマス・アルバムに、大晦日の歌や、新年の歌がしばしば収録されているのも、そういう理由によります。クリスマス・カードに「Merry Christmas and A Happy New Year」と書くのも、同じことです。

わが国だって元旦で「正月」が終わるわけではなく、松がとれるまでは正月であるように、クリスマスが終わるのは一月六日、「顕現祭」の日と決まっています。クリスマス・トゥリーや飾り付けを片づけるのも六日の行事です。

ということで、本日は大晦日、ジングル・キャッツのデビュー盤から大晦日の歌、Auld Lang Syne、すなわち「螢の光」を聴いてみましょう。



こういう曲をこういうテンポでやるのが、猫の声にはいちばん合っています。ジングル・キャッツのさまざまなトラックのなかでも、Auld Lang SyneはSilent Nightと並ぶ秀作です。

映画やテレビでもそうですが、猫の千両役者ぶりの前では、人間など所詮、三文役者なのですが、どの程度のものか、人間のAuld Lang Syneも聴いてみましょう。本日の人間代表、猫の引き立て役はザ・ビーチ・ボーイズ。



まあ、所詮、猫の敵ではありませんが、人間もそこそこ歌えるようですね。


ジングル・キャッツ Meowy Christmas
Meowy Christmas
Meowy Christmas
posted with amazlet at 09.12.31
Jingle Cats
Jingle Cats Music (1994-10-18)
売り上げランキング: 107897


Christmas with the Beach Boys
Christmas with the Beach Boys
posted with amazlet at 09.12.31
The Beach Boys
EMI (2004-09-09)
売り上げランキング: 140554
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

kewlkatz

Author:kewlkatz
ようこそ!

カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。